あんしんほっとライン~居住支援相談窓口~

あんしんほっとライン~居住支援相談窓口~

あんしんほっとラインは、あんしん電話の加入受付と、地域と孤立し不安を抱えている高齢者の相談窓口として平成28年に開設されました。介護に携わっている方や見守りに取り組んでいる団体、見守りステーションの相談窓口として、また、どこに相談して良いかわからない人に必要なサポートをしてくれる施設や機関へのつなぎの役割も受けています。

さらに、2020年9月より、住宅確保要配慮者居住支援法人として相談業務を行っています。お一人暮らしの高齢者、障がいのある方、ひとり親の家庭など、様々な事情により自力で住宅を確保することが難しい方々のサポートと、借りたい人と貸したい人が互いに安心して暮らすための橋渡しをしています。

「住宅確保要配慮者」に対する支援体制実施図

●住宅確保要配慮者居住支援法人について

住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を養育する者、その他住宅の確保に特に配慮を要する者)の民間賃貸住宅への円滑な入居の促進を図るため、住宅確保要配慮者に対し家賃債務保証の提供、賃貸住宅への入居に係る住宅情報の提供・相談、見守りなどの生活支援等を実施する法人として都道府県が指定するものです。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr7_000026.html

●千葉県が指定した住宅確保要配慮者居住支援法人の一覧

https://www.pref.chiba.lg.jp/juutaku/seisaku/safetynet/kyojushienhoujin.html

●チラシ

チラシはこちらをご覧ください